久しぶり~&配管工事でタイヘンなことに2013/06/04 15:55

長いこと更新せず、前回から1年半も経ってしまいました。
相変わらずな我が家…ではありますが、ちょっとした事件があったので報告します。

それは2週間前の夕方。キッチンの天井水漏れ事件があり、本日、今まさに配管工事の真っ最中。
我が家は団地、それも築四半世紀は優に超えていると思われる物件である。
震災の影響も、あるのかないのか…見事に劣化した配管から、上のお宅の排水が漏れてキッチンは水浸し状態になってしまった。

第一発見者の「帰宅夫」は各方面に連絡を取り、業者の到着をキッチンの掃除をしながら待っていた様子。
ぐしょ濡れのキッチンマットをベランダに干し、床を拭き、コンロ下も水浸しなのに気がついてガスコンロやガス台まで磨いて……
お疲れさまでした。
数時間後、湯沸かし器を外し、換気扇を外し、コンロ上のステンレス性防炎ガードをベリべり外し…水漏れ関係の業者、総勢5人でやっと、排水パイプの劣化が原因であることが判明。
何でもこの配管はキッチン、お風呂場、トイレまで繋がっているとのこと。
もしかしたら、その3箇所の配管を総とっかえかも…という、クラクラする話にまで発展してしまった。

流し台上の配管むき出し状態で待つこと2週間、やっと工事が入ることになった。
必然的に、私が休みの日に立会いながら~ということになり、2週間が経過したというわけである。

工事の予定は9時から。
今日は家族のお弁当もお休みして、作業しやすいようにあれこれバタバタ片付けて、さあ待ちに待った工事が始まった。

大工さん?配管工さん?とにかくやっぱり、5人くらいが入れ替わり立ち替わり出入りして、ドンドンバリバリ、電気ドリルキュイーン!とか賑やかである。
まず壁にはビニールが張り巡らされ、床はブルーシートが敷かれた。
あっという間に見慣れた我が家は工事現場と化す。
ああ、もっとあれもこれも移動しておけば良かったなぁ~と後悔する、壮観な状態である。

途中、10時から30分、12時からお昼1時間という休憩が入り「やっぱり職人さんだ!」と何だかワクワクしてしまう。
父が大工だったこともあり、職人さんには好意的な自分である。
休憩時間、無人となった現場に忍び込み、見事に剥がされた天井や散乱した破片に歓声をあげつつ、写真を撮る。
そして夫や息子に状況報告とともにメールで送りつける。
…まさかここの奥サンが、そんなことしてるなんて誰も気がつくまい。

現場からは、若い男の子に色々教えながら仕事を進めている様子も聞こえてくる。
叱り飛ばすんじゃなくて、笑いを交えた和やかな雰囲気なのが微笑ましい。
部屋が狭いし、今日は暑いから、風を通すために窓も開けっ放し。
プライバシーのかけらもないが、まあオープンで良しとする。今さらでもあるし。

現場の様子をうかがいながら、私はリビングで片付けをしている。
多忙を理由に放置していたレシートや書類関係を片付け、滅多にない経験を書き残そうとブログを久しぶりに開いたというわけ。
ああ、それにしても予定時間をオーバーし、何となく作業は佳境に入っている様子ではあるのだが、どうやら職人さんたちは3時のおやつ休憩に入ったようだ。
ソロリソロリと、お風呂場をのぞいてみた。
天井がキレイになっている。ブルーシートが外されて、ハンドクリーナーで掃除した様子。
お風呂掃除に余念がない夫は、帰宅したらさぞ喜ぶだろう。

初夏の日は長い。そろそろ夕方。終わったら床掃除しないと。
そろそろ…終わるかな? 晩ご飯は…どうしようかな~。

そうそう、忘れてならないモスラ(キエイリボウシインコ)とルギア(オナガアカボウシインコ)は、聞きなれない騒々しさに声ひとつ立てず、おとなしくしている、今のところ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://utekilife.asablo.jp/blog/2013/06/04/6834770/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。